(共通)

(外国送金)

(輸入信用状)

(為替予約)

(外貨普通預金照会)




(共通)
どのようなサービスが利用できますか。
・外国送金受付サービス
外国送金のお申し込みができます。
・輸入信用状受付サービス
輸入信用状の発行および条件変更のお申し込みができます。
・為替予約受付サービス
為替予約のお申し込みができます。
・外貨普通預金照会サービス
お申し込みいただいた送金指定口座のうち、外貨普通預金における残高、取引推移が確認できます。
誰でも申し込みできますか。
以下の条件をすべて満たす方がお申し込みいただけます。
・法人の方。
・インターネットに接続できるパソコンをお持ちの方。
・当行本支店に円建普通預金か円建当座預金のいずれかの口座をお持ちの方。
※ただし、輸入信用状受付サービス、及び為替予約受付サービスの利用については、 当行所定の審査が必要であり、その結果当行が利用を承諾しないこともあります。
※外貨普通預金照会サービスのご利用は外国送金受付サービス、輸入信用状受付サービス、為替予約  受付サービスのいずれかをご利用いただくお客さまに限らせていただきます。
申し込みから利用開始までどのくらいかかりますか。
10日間程度となります。
利用できる時間帯はいつですか。
以下のとおりになります。
項目 時間
外国送金受付サービス 銀行営業日の8:00 ~ 21:00
輸入信用状受付サービス
為替予約受付サービス 為替予約取引各種照会
銀行営業日の8:00 ~ 21:00
為替予約取引 (含むリーブオーダー取引)
銀行営業日の9:00 ~ 15:00
外貨普通預金照会サービス 銀行営業日の8:00 ~ 21:00
*銀行営業日の12:30、17:30に残高、取引推移を更新いたします。
※システムメンテナンス時間を除きます。
使用するパソコンの制限(OS・ブラウザ)はありますか。
128ビットSSL暗号化通信方式を利用できる以下の日本語対応OS・ブラウザとなります。
OS ブラウザ
Windows 8 以降 Internet Explorer 11
携帯電話やスマートフォンからでも利用できますか。
携帯電話やスマートフォンからはご利用いただけません。
手数料は必要ですか。
以下のとおりになります。
月額手数料
(消費税込み)
お引き落とし日
2,200円
お申し込み月の翌月から6か月は月額手数料は無料です。
毎月14日

※消費税率が変更された場合には、変更後の消費税率によりお引き落としさせていだだきます。
※外国送金や輸入信用状発行・条件変更に伴う手数料、為替予約の変更・取消に伴う損害金等は別途所定金額が必要となります。
※14日にお引き落としができなかった場合には26日に再度お引き落としさせていただきます。
 14日、26日が銀行休業日の場合は翌営業日のお引き落としとなります。
月額手数料はいつから引き落とされますか。
お申し込みいただいた月より7か月後の14日からとなります。
(例)4月にお申し込み
→11月分よりお引き落としを開始いたします。11月分は12月にお引き落としさせていただきます。
管理者と担当者の違いはなんですか。
担当者は外国送金等のお取引内容について入力は可能ですが、当行への送信ができません。
当行への送信については管理者の承認が必要となります。管理者は、入力・送信とも可能です。
担当者は必ず登録する必要がありますか。
管理者は1名必ず届出していただく必要がありますが、担当者は任意となります。(0~2名)
パスワードを失念した場合、どうすればよいですか。
窓口に来店していただき、「みやぎん外為Webサービス利用・変更・解約申込書」に必要事項を記載の上、ご提出ください。
改めてパスワードを設定いたします。
ログインのタイムアウト時間はありますか。
サービスにログインされた状態で何も操作(画面上のボタンのクリック)を行わずに30分経過しますと、次回操作時(ボタン押下時)にサービスからログアウトされます。その為、作成途中で離席するなど、サービス上で操作を行わない場合は、「一時保存」ボタンを押下し、作成中のデータを一時保存してください。保存したデータは「一時保存データ読込」ボタンを押下することで、読み込むことができます。
外国送金受付サービスや輸入信用状受付サービスの作成中データの一時保存は何件までできますか。
1件のみとなります。
外国送金受付サービスや輸入信用状受付サービスの作成中データの一時保存は何日までできますか。
現状、日数の制約は設けておりません。
外国送金受付サービスや輸入信用状受付サービスの依頼はどのくらい前から可能ですか。
送金希望日や発行希望日の1ヵ月前の翌営業日からご利用いただけます。但し、受付時限があります。
受付時限はどのようになっていますか。
◯外国送金受付サービス
・8:00~14:00は、依頼作成日の当日以降を送金希望日とすることができます。
・14:00~21:00は、依頼作成日の翌営業日以降を送金希望日とすることができます。
※送金希望日とは、お客さまの口座から送金代り金等の引き落としを行い、当行が受け付けする日とします。
・「送金希望日」当日に対外発電ができる外国送金は以下の通りとします。
①10:30までに受け付けした外国向けの円建送金
②13:00までに受け付けした外国向けの送金(日本円建・中国元建・フィリピンペソ建を除く)
*国内向け送金のうち「JPY建」「USD建」の2通貨で「送金希望日」の前営業日までにお申し込みいただいた取引。
・「送金希望日」での外国送金を確約するものではありません。
・送金内容によっては、「送金希望日」の翌営業日に対外発電する場合があります。
・国内向送金(※1)、中国元建送金、フィリピンペソ建送金は翌営業日発電になります。
(※1)国内向け送金のうち「JPY建」「USD建」の2通貨は、「送金希望日」の前営業日までに
お申し込みいただいた場合は、「送金希望日」に対外発電いたします。

○輸入信用状受付サービス
・輸入信用状の発行・条件変更については別途審査が必要となりますので、依頼作成日の2営業日以降の発行・変更となります。
・発行希望日での輸入信用状の発行/条件変更を確約するものではありません。

○為替予約受付サービス
・為替予約取引 (含むリーブオーダー取引)は、9:00~15:00までとなります。
・受渡日は約定日の翌々営業日(SPOT)以降1年以内となります。

○外貨普通預金照会サービス
・銀行営業日の12:30、17:30に残高、取引推移を更新いたします。
外国送金受付サービスや輸入信用状受付サービスのマスター登録(雛形)は何件までできますか。
現状、件数の上限は設けておりません。
データをフロッピーディスクなどに保存することはできますか。
各取引依頼照会画面にある「一覧出力(CSV)」ボタンを押下することにより、該当取引の内容をCSVファイルで一括取得できます。
送信済のデータはどのくらいの期間保存されますか。
現状、6ヵ月間は保存されます。
(外国送金)
どのような通貨で外国送金ができますか。
日本円、米ドル、英ポンド、カナダドル、ユーロ、スイスフラン、タイバーツ、韓国ウォン、フィリピンペソ、
シンガポールドル、豪ドル、香港ドル、台湾ドル、ニュージーランドドル、中国元の15通貨です。
外国送金の申し込みが受け付けされたかどうかは、どのようにして確認すればよいでしょうか。
依頼照会を行い、該当取引のステータスが「受付け」となっていることを確認してください。
なお、対外発電がされると、該当取引のステータスが「送金実行」となります。
外国送金の取引限度額はありますか。
ありません。
外国送金の送金代り金の決済方法を教えてください。
「みやぎん外為Webサービス利用・変更・解約申込書」にてお届けいただいた「申込代表口座」あるいは、「送金代り金支払指定口座」より、お客さまがご指定された口座から、送金希望日に自動引き落としさせていただきます。なお、該当口座の残高が不足している場合は、ご依頼の外国送金の取り扱いをお断りさせていただくこともありますので、送金代り金は必ず送金希望日の前日までのご入金をお願いいたします。
外国送金にかかる手数料の決済方法を教えてください。
原則、お客さまが外国送金の代り金引き落としをご指定された口座から送金希望日に自動引き落としさせていただきます。なお、該当口座の残高が不足している場合は、ご依頼の外国送金の取り扱いをお断りさせていただくこともありますので、外国送金にかかる手数料は必ず、送金希望日の前日までのご入金をお願いいたします。
外国送金の内容変更・取消はできますか。
当行へ送信前(取引のステータスが「登録」、「差戻し」)である場合は、お客さま側で変更・取消いただけます。当行へ送信後(取引のステータスが「承認」、「受付け」、「送金実行」)である場合は、本サービス上で変更・取消の手続きはできません。お手数ですが、お取引店までご連絡のうえ、当行所定の手続きをお願いいたします。
(輸入信用状)
輸入信用状発行/条件変更を依頼する際に注意すべき事項はありますか。
次の2点にご注意ください。
・輸入信用状の発行/条件変更については別途審査が必要となりますので、依頼作成日の2営業日以降の発行・変更となります。
・輸入信用状の発行/条件変更依頼は、受付したお取引の実行を確約するものではありません。審査の結果、ご希望に添えない場合があります。
どのような通貨の輸入信用状が発行できますか。
米ドル、ユーロ、日本円の3通貨です。
輸入信用状の発行/条件変更の申し込みが受け付けされたかどうかは、どのようにして確認すればよいでしょうか。
依頼照会を行い、該当取引のステータスが「受付け」となっていることを確認してください。
なお、対外発電がされると、該当取引のステータスが「L/C開設」となります。
メールサービスをご登録いただくことにより、当行が「受付け」、または
「L/C開設」したタイミングで確認のメールが送信されます。
輸入信用状の発行/条件変更にかかる手数料の決済方法を教えてください。
当行所定の申込書にてお届けいただいた「申込代表口座」から、発行希望日に自動引き落としさせていただきます。なお、該当口座の残高が不足している場合は、ご依頼の輸入信用状の発行/条件変更の取り扱いをお断りさせていただくこともありますので、輸入信用状の発行/条件変更にかかる手数料は必ず、発行希望日の前日までのご入金をお願いいたします。
輸入信用状の発行/条件変更の内容変更・取消はできますか。
当行へ送信前(取引のステータスが「登録」、「差戻し」)である場合は、お客さま側で変更・取消いただけます。当行へ送信後(取引のステータスが「承認」、「受付け」、「L/C開設」)である場合は、本サービス上で変更・取消の手続きはできません。お手数ですが、お取引店までご連絡のうえ、当行所定の手続きをお願いいたします。
(為替予約)
為替予約受付サービスを申し込む際に注意すべき事項はありますか。
以下の点にご注意ください。
・為替予約受付サービスのお申し込みについては別途審査が必要となります。審査の結果、ご希望に添えない場合があります。
・為替予約受付サービスの利用限度額につきましてはお客さまごとに設定させていただきます。
どのような通貨の為替予約ができますか。
米ドルです。 (他の通貨に関しましては事前にお問い合わせください)
為替予約の取扱金額に制限はありますか。
以下のとおりになります。
取引種類 取扱金額
為替予約取引 5千通貨以上、1補助通貨単位
リーブオーダー取引 10万通貨以上、1補助通貨単位
リーブオーダーが成立したかどうかは、どのようにして確認すればよいでしょうか。
リーブオーダー照会を行い、該当取引のステータスが「取引成立」となっていることを確認してください。
メールサービスをご登録いただくことにより「取引成立」したタイミングで確認のメールが送信されます。
(外貨普通預金照会)
どの画面から照会することができますか。
共通-口座残高より照会することができます。
どの口座の残高、取引推移をみることができますか。
お申し込みいただいた送金指定口座のうち、外貨普通預金における残高、取引推移が確認できます。
取引推移はどのくらいの期間照会することができますか。
平成28年12月1日以降の推移から照会することができます。
取引の動きはいつ反映しますか。
銀行営業日の12:30、17:30に残高、取引推移を更新いたします。